シャトー・ダルマイヤック[2017]ボルドーメドック格付け第五級A.O.C.ポイヤック赤750mlChateaud&
シャトー・ダルマイヤック[2017]ボルドーメドック格付け第五級A.O.C.ポイヤック赤750mlChateaud&
シャトー・ダルマイヤック[2017]ボルドーメドック格付け第五級A.O.C.ポイヤック赤750mlChateaud&

シャトー・ダルマイヤック[2017]ボルドー メドック格付け第五級 A.O.C.ポイヤック 赤 750ml Chateau d'Armailhac[PAUILLAC]フランス 赤ワイン

  • ラッピング・のし対応
¥8,800
/
税込

Information
89年より「ムートン・バロンヌ・フィリップ」が改名され、「ダルマイヤック」となりました。第1級のムートンに似た感じですがやや軽い感じに仕上がっています。
生産地 フランス ボルドー地方 メドック地区 ポイヤック
商品名 シャトー・ダルマイヤック
作り手 Chateau d'Armailhac
格付・認証 A.O.C. ポイヤック
生産年 2017年
内容量 750ml
本数 1本
味わい フルボディ
ブドウ品種 カベルネ・ソーヴィニヨン 54%、メルロー 23%、カベルネ・フラン 22%、プティ・ヴェルド 1%
ガイドブック パーカー・ポイント 90点
飲み頃 今~2018年
飲み頃温度 16℃~18℃
推奨保存環境 温度=10℃~16℃、湿度=70%~75%
備考 においが強いものと一緒にせず、振動は避けるように保管して下さい。

シャトー・ムートン・ロートシルトが所有する
メドック格付け第五級

メドック格付け第一級、五大シャトーの一つシャトー・ムートン・ロートシルト(ムートン・ロスチャイルド)が所有する、格付け第五級シャトー・ダルマイヤック、幾度も名前が変わってきたことでも知られています。
18世紀には現在も広かったとされている畑名「ムートン」。18世紀(1730年頃~)ブラーヌ・ド・ロートシルト男爵とボルドー議会議長のドミニック・ダルマイヤックがそれぞれ取得します。ブラーヌ男爵が取得したムートンが「シャトー・ムートン・ロートシルト(ムートン・ロスチャイルド)」に、ドミニック・ダルマイヤック氏が取得したムートンが「シャトー・ムートン・ダルマイヤック」になりました。その後ダルマイヤック家が所有を続け、1855年格付け時には「シャトー・ムートン・ダルマイヤック」でしたが、ドミニック・ダルマイヤック氏の息子のアルマンは子宝に恵まれなかったため、アルマンの妹へと所有が移り、フェランド家との結構の際にそのままフェランド家へと所有者が変わり、1933年から現在のムートン・ロートシルト(ムートン・ロスチャイルド)が所有となります。
その後1956年から1988年までは「シャトー・ムートン・バロン・フィリップ(バロンヌ・フィリップ)」と改称します。その理由は発音が難しい事とブランデーのアルマイヤックと紛らわしいからだとか。1975年にはフィリップ男爵が他界した妻のポーリーヌ・ド・ロートシルト夫人の名前を取り入れる形で「ムートン・バロンヌ・フィリップ」となります。そして1989年、フィリップ男爵亡きあとシャトーを継いだ現オーナー男爵の娘のフイリッピーヌ・ド・ロートシルトが元の名前「シャトー・ダルマイヤック」に変更をしたと言われています。ムートン・ロートシルト(ムートン・ロスチャイルド)が所有を始めた際には、第一級の畑に合併するという案も出たそうですが、味の変化を理由に却下されたとか。『BORDEAUX ボルドー 第3版』より
「ムートン・ロートシルトとクレール・ミロンも担当しているパトリック・レオンとルシアン・ショノーのワイン醸造チームが、アルマヤックのワインづくりにも関わっている。」にある通り、同じ醸造チームで、同じ製法で作られていますが、味の違いがある事を考えると、合併を選ばなかったフィリップ・ド・ロートシルト男爵の選択を正しかったと言えそうです。

優れたスタッフによる最高の醸造技術

シャトー・ダルマイヤックの畑はポイヤック村の内陸部、ボルドーワインメドック地区ポイヤック村の最高峰ともいえるメドック格付け第一級シャトー・ムートン・ロートシルト(ムートン・ロスチャイルド)と安定した評価を得ているメドック格付け第五級シャトー・ポンテ・カネの間という素晴らしい場所に位置しています。なだらかな丘陵で日当たりもとても良いテロワールは申し分のない立地です。広さはおよそ69ヘクタール。
瓶詰めまでの作業はこのシャトー・ダルマイヤック内で行われていますが、出荷の準備からシャトー・ムートン・ロートシルト(ムートン・ロスチャイルド)と同様の工程で行われます。 区画ごとに栽培されたブドウの個性を生かしながら配合比率が決められます。そして熟成をするタイミングでは樽を使い分けます。オーク樽の香りが強くなりすぎないための配慮です。
このように、シャトー・ムートン・ロートシルト(ムートン・ロスチャイルド)やクレール・ミロンを所有するバロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド家の優れたスタッフによる最高の醸造技術によってワインが造られています

リーズナブルな価格で手に入る高品質格付けワイン

このシャトー・ダルマイヤックの知名度はまだ比較的低く、バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド家所有の三つのシャトーの中でもムートン・ロートシルトとクレール・ミロンの陰に隠れ一番目立たないおかげで、いまでもリーズナブルな価格で手に入る高品質格付けワインの一つです
そんなシャトー・ダルマイヤックのワインは樹齢の割には比較的に軽い仕上がりとなっているため、ムートン・ロートシルトとクレール・ミロンに比べると早めに飲み頃を迎えます。1985年以降はムートン・ロートシルトとクレール・ミロンに近づくようにワインの品質は向上を続け、近年はより良好な凝縮感や濃厚さが見られるように評価を上げているシャトーのひとつです。
ポイヤックの魅力が凝縮されたシャトー・ダルマイヤック、飲み口の柔らかい親しみやすいスタイルとなります。 ボイヤックの特徴であるブラックベリーのリキュール、木樽や杉の香りにバロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド家の特徴である、フルーツと木樽のニュアンスが感じられます。アルコール感も十分にあり、芳醇で、グラマラス、それにしてタンニンがひとつにまとめ上げる、ヴィンテージの違いはあっても安定した品質のワインが魅力的です。