ムーラン・ア・ヴァンクロ・ド・ロシュグレ[2012]シャトー・デ・ジャック赤750mlChateaudesJacques[Moulin-a-VentClosdeRochegresChateaudesJacques]
ムーラン・ア・ヴァンクロ・ド・ロシュグレ[2012]シャトー・デ・ジャック赤750mlChateaudesJacques[Moulin-a-VentClosdeRochegresChateaudesJacques]

ムーラン・ア・ヴァン クロ・ド・ロシュグレ[2012]シャトー・デ・ジャック 赤 750ml Chateau des Jacques[Moulin-a-Vent Clos de Rochegres Chateau des Jacques] フランス ブルゴーニュ 赤ワイン

  • 売り切れ
  • ラッピング・のし対応
¥5,060
/
税込


シャトー・デ・ジャックの歩み

シャトー・デ・ジャックは、ブルゴーニュの名門メゾン・ルイ・ジャドが1996年から所有する、ボージョレ地区の独立ワイナリーです。ボージョレの王と称されるクリュ・ボージョレ最高峰の一つ、ムーラン・ア・ヴァンで最も名声を誇ってきた由緒あるワイナリーで、ムーラン・ア・ヴァンに程近いロマネシュ・トラン村に風格ある醸造所と邸宅を構えています。1996年当初に受け継いだ27haのムーラン・ア・ヴァンをはじめ、現在はモルゴン、フルーリー、シェナ、またシャペル・ド・ガンシェにあるグラン・クロ・ド・ロワズ(シャルドネ品種を生産する畑)など、総面積約80haの自社畑を所有しています。
2015年、長らくシャトー・デ・ジャックを率いたギョーム・ド・カステルノーの後任として、それまでギョームの右腕を担っていたシリル・シルーズが栽培醸造責任者に就任しました。シリルは、畑の個性を最大限に表現する長期熟成型ガメイワインのさらなる品質向上に尽力しています。

小さな区画毎に徹底した栽培管理

シャトー・デ・ジャックのワイン造りの哲学は、テロワールの特徴を最大限に引き出すために、この地域で特徴的な花崗岩土壌や畑のロケーションの特性を踏まえ小さな区画毎にきめ細やかな栽培管理を設定し、化学肥料や除草剤を使用せず、ゆっくりと時間をかけた発酵・熟成にあります。そのたゆまぬ努力の結果、驚くほど長熟なガメイワインが生み出されます。
畑は一部ビオディナミ、その他は全てリュット・レゾネを採用しています。また、ボージョレ地区で主流となっている剪定方法ゴブレ仕立てから、コート・ドールで広く採用されているコルドン仕立てへの移行も進めています。剪定の手間は掛かりますが、日光が当たりやすくなり果実がよりよく熟す、風通しが良いことで病害が減るなど利点が多いため、いずれは全自社畑をコルドン仕立てに移行したいと考えています。

昔ながらにこだわった醸造法

この数十年余り、ボージョレの醸造にはマセラシオン・カルボニック(炭酸ガス浸漬法)が一般に用いられ、軽くフルーティーなワインが造られてきました。しかし、伝統的なボージョレは造りが異なります。コート・ドール地区のピノ・ノワールのようにボージョレ地区のガメイ品種は尊ばれ、除梗をし、開放桶に入れたブドウを櫂棒で突きながら、醸し発酵させていたのです。そのような旧来の造り方にこだわるボージョレの生産者は数えるほどに減ってしまいましたが、シャトー・デ・ジャックはその数少ない生産者の一つです。
ブドウは健全な果実のみを注意深く選果・除梗します。発酵中は1日2回のルモンタージュと、ピジャージュを必要に応じて行い、時間をかけてじっくりと醸します。その後、シルキーで繊細なスタイルに仕上げるべくオークの小樽で熟成させます。
熟成を経たシャトー・デ・ジャックのワインは、時としてピノ・ノワールと間違われるほど、繊細かつ芳醇な香りと味わいを放ちます。

進化を続けるシャトー・デ・ジャック

2016年にルイ・ジャド傘下となって20年という節目を迎え、シャトー・デ・ジャックではワイナリー施設の改革に着手しています。新しい施設には、温度管理システムを備えた最新型コンクリートタンクやステンレスタンクが導入されました。シャトー・デ・ジャックが目指しているのは決してワインのスタイルを変えることではなく、最新鋭の醸造設備を使ってテロワールが個々に持つその本質をさらに的確に表現することです。 さらに、2015ヴィンテージより、ラベルデザインが刷新されました。ブドウの蔦の縁模様が省かれ、よりシンプルで洗練されたデザインとなっています。

Information
クロ・ド・ロシュグレの畑は8ha、土壌は表層の少ない花崗岩質で母岩はとても堅く、花崗岩の塊と石英で構成されています。畑はビオディナミ農法を採用しています。上品さとタンニンの持続性を備えた豊満で柔らかなワインです。
生産地 フランス ブルゴーニュ地方 ボージョレ地区
商品名 ムーラン・ア・ヴァン クロ・ド・ロシュグレ
作り手 シャトー・デ・ジャック(ルイ・ジャド)
格付・認証 A.C. ムーラン・ア・ヴァン
生産年 2012年
内容量 750ml
本数 1本
味わい フルボディ
ブドウ品種 ガメイ 100%
ガイドブック --
飲み頃 今~
飲み頃温度 16℃~18℃
推奨保存環境 温度=10℃~16℃、湿度=70%~75%
備考 においが強いものと一緒にせず、振動は避けるように保管して下さい。