バルバレスコアルベサーニ・サント・ステファノ[2011]ブルーノ・ジャコーザ赤750mlCasaVinicolaBrunoGiacosa[BarbarescoAlbesaniSantoStefano]
バルバレスコアルベサーニ・サント・ステファノ[2011]ブルーノ・ジャコーザ赤750mlCasaVinicolaBrunoGiacosa[BarbarescoAlbesaniSantoStefano]

バルバレスコ アルベサーニ・サント・ステファノ[2011]ブルーノ・ジャコーザ 赤 750ml Casa Vinicola Bruno Giacosa[Barbaresco Albesani Santo Stefano] イタリア ピエモンテ 赤ワイン

  • 送料無料
  • ラッピング・のし対応
¥21,780
/
税込


ピエモンテの静かなる巨匠、ブルーノ・ジャコーザ

ピエモンテ・ランゲ地区で3世代にわたりワインに携わってきたブルーノ・ジャコーザ。現オーナーであるブルーノ・ジャコーザ氏の祖父にあたる、故カルロ・ジャコーザ氏が醸造と自社瓶詰めを開始。その後、父親の代では第二次世界大戦中であったため、経済的にボトルワインの市場がなく主に量り売りをしていました。
三代目となるブルーノ氏は1929年生まれで、13歳から祖父のカルロ氏の指導の下でワイン造りに携わり始めました。その後、自分の名前を冠したブランド「ブルーノ・ジャコーザ」を1961年にファースト・ヴィンテージとしてリリースしました。
今では半世紀以上に渡りワイン造りへその人生を捧げ、ランゲ地区の畑については誰よりも知り尽くしていると言っても過言ではありません。畑と醸造におけるピエモンテの伝統に敬意を払い、単純にして明瞭な哲学の下に造られるワインは一貫したスタイルを持っています。確固たるスタイルを持ったワインは世代を超えて、時に「バローロのロマネ・コンティ」と称賛され、世界中からイタリアを代表する偉大なワイナリーとして認知されています。

「今日は素晴らしく、明日は驚くほどにうっとりするワイン」

※明日というのは熟成の時を経てという意味です。
昔から変わらない伝統のスタイルを貫いており、特にバルバレスコの造り手としては最高峰となります。ブルーノ・ジャコーザ氏のワインは繊細でいながら、深くフィネスのあるワインです。さらに熟成を経ることにより厚みが増し、壮大なるスケールをみせるイタリア屈指の品質を誇るワイン言えます。近年、もてはやされたピエモンテ州のモダンなスタイルのワインは、凝縮度や色素濃度が高く、ややもするとテロワールやブドウの個性がマスキングされたものも散見されます。このような時代の流行り廃りにも左右されることなく常に高い評価を受け続けているのは、ワインの中に何か訴えかけるもの「フィネス(Fines)」が存在しているからと言えます。
半世紀以上にも渡る長い年月の中で、常に一目置かれる偉大な存在であり続けるブルーノ・ジャコーザ。真に巨匠と呼ぶに相応しい偉人が生み出す、唯一無二の特別な味わいをご堪能ください。

バルバレスコの特級と呼ばれるブルーノ・ジャコーザのクリュワイン

バルバレスコのクリュ

バルバレスコの有名クリュ畑を複数所有している歴史あるワイナリーです。筆頭格となる畑をご紹介します。
●アジリBarbaresco Asili(自社畑)・・・精緻にして濃厚な味わいに圧倒される当代最高のバルバレスコ
●サント・ステファノBarbaresco Santo Stefano di Neive(契約畑)・・・ジャコーザの看板ともいうべきバルバレスコ

「バローロのロマネ・コンティ」をはじめ、最高の賛辞を受けるワイナリー

イタリアの偉大なワイン生産者といえるブルーノ・ジャコーザ。時に「バローロのロマネ・コンティ」、「伝説的な人物」など、イタリア国内だけではなく、世界中から最高の賛辞をもって称されています。 また、近年、ブルーノ・ジャコーザが、「コッリーナ・リオンダ(Collina Rionda)」というバローロの赤ラベルの1989年ヴィンテージで、ワイン・アドヴォケイトにて100点を獲得しました。イタリアワインでは、レディガフィ、サッシカイアに並ぶ、僅か3本目の快挙です。

Information
味わいは深く複雑でタンニンはいきいきしている。清々しくも魅力のあるアロマ。上品さ、完熟果実、舌触りの滑らかさなど、完成度が高い。
生産地 イタリア ピエモンテ州
商品名 バルバレスコ アルベサーニ・サント・ステファノ
作り手 ブルーノ・ジャコーザ
格付・認証 バルバレスコ D.O.C.G.
生産年 2011年
内容量 750ml
本数 1本
味わい フルボディ
ブドウ品種 ネッビオーロ 100%
ガイドブック パーカーポイント:91点、ワインアドヴォケイト:93点
飲み頃 今~2030年
飲み頃温度 16℃~18℃
推奨保存環境 温度=10℃~16℃、湿度=70%~75%
備考 においが強いものと一緒にせず、振動は避けるように保管して下さい。