ライノーカベルネ・ソーヴィニヨン[2017]リントン・パーク赤750mlLintonPark[RhinoCabernetSauvignon]
ライノーカベルネ・ソーヴィニヨン[2017]リントン・パーク赤750mlLintonPark[RhinoCabernetSauvignon]
ライノーカベルネ・ソーヴィニヨン[2017]リントン・パーク赤750mlLintonPark[RhinoCabernetSauvignon]南アフリカ共和国赤ワイン
ライノーカベルネ・ソーヴィニヨン[2017]リントン・パーク赤750mlLintonPark[RhinoCabernetSauvignon]南アフリカ共和国赤ワイン
ライノーカベルネ・ソーヴィニヨン[2017]リントン・パーク赤750mlLintonPark[RhinoCabernetSauvignon]南アフリカ共和国赤ワイン
ライノーカベルネ・ソーヴィニヨン[2017]リントン・パーク赤750mlLintonPark[RhinoCabernetSauvignon]南アフリカ共和国赤ワイン
ライノーカベルネ・ソーヴィニヨン[2017]リントン・パーク赤750mlLintonPark[RhinoCabernetSauvignon]南アフリカ共和国赤ワイン
ライノーカベルネ・ソーヴィニヨン[2017]リントン・パーク赤750mlLintonPark[RhinoCabernetSauvignon]南アフリカ共和国赤ワイン

ライノー カベルネ・ソーヴィニヨン[2017]リントン・パーク 赤 750ml Linton Park [Rhino Cabernet Sauvignon] 南アフリカ共和国 赤ワイン

  • ラッピング・のし対応
¥968
/
税込


リントン・パーク Linton Park

エレガントなスタイルでハイコストパフォーマンスなワインを造る

リントン・パークはそのルーツが1699年にまで遡る歴史あるワイナリーです(南アフリカで最初にワインが造られたのが1659年)。
リントン・パークのあるスラングリヴァー(ヘビ川)と呼ばれる場所は、グローエンベルグ山の高傾斜に寄り添ってある84haの土地で、ウェリントン、パールの眺めがテーブルマウンテンの方角に広がっています。葡萄畑は南アフリカでも有数の高地(標高500m付近)にあり、冷涼な風の吹くミクロクリマを有し、他の畑よりも6℃低い温度が葡萄を緩やかに熟成させ、きれいな酸を持ったエレガントなスタイルのワイン造りを可能にしています。

土壌はミネラルを多く含んだ花崗岩のオークリーフ土壌で、グレンローザとトゥクル土壌から成っており、区画は凝縮感のある香りを出すために慎重に管理され、収穫量をほどほどに抑えています。計画的に灌漑を行っており、可動式のワイヤーを用いたセブン・ストランド・システムを使用。高い位置に仕立てのワイヤーを設置するため、収穫に適した位置に葡萄が実るようになっています。
リントン・パークは、フェアトレード認定とBiodiversity and Wine Integrated認定(BWI;生物多様性を守っているワイナリー)を受けています。また、絶滅が懸念されているサイの保護を支援したり、環境に優しい、炭素が少なくて軽いボトルを用いる等、南アフリカの環境に配慮したワイン造りを行っています。

Information
良く熟した黒系果実の風味やスパイシーさ、しっかりとした骨格が楽しめる辛口赤ワイン。売上の一部を絶滅が懸念されているサイの保護に寄付しており、軽量ボトルを採用する等、環境に配慮したワイン。良く熟したブラックベリーやカシスなどの黒系果実の香りに、ビターチョコやミントのニュアンスが感じられる。辛口のミディアムボディ。ジューシーな口当たりで、アルコール感はやや高め。緻密なタンニンと生き生きとした酸が全体を引き締めている。ブラックベリーやカシスなどの凝縮感のある黒系果実の風味が口中に広がり、スパイスやミントのニュアンスが余韻に残る。明け方に手摘みで収穫。隔日でポンピングオーバーを行い、ステンレスタンクでアルコール発酵の後、マロラクティック発酵。安定化、ろ過された後に軽量の350gボトルに瓶詰めして出荷。
生産地 南アフリカ ウェスタン・ケープ
商品名 ライノー カベルネ・ソーヴィニヨン
作り手 リントン・パーク
格付・認証 W.O. ウェスタン・ケープ
生産年 2017年
内容量 750ml
本数 1本
味わい フルボディ
ブドウ品種 カべルネ・ソーヴィニヨン 100%
受賞歴 --
飲み頃 今~
飲み頃温度 16℃~18℃
推奨保存環境 温度=10℃~16℃、湿度=70%~75%
備考 においが強いものと一緒にせず、振動は避けるように保管して下さい。