フランチャコルタロゼブリュット[2015]フェルゲッティーナ泡・ロゼ750mlAziendaAgricolaFerghettina[FranciacortaRoseBrut]
フランチャコルタロゼブリュット[2015]フェルゲッティーナ泡・ロゼ750mlAziendaAgricolaFerghettina[FranciacortaRoseBrut]

フランチャコルタ ロゼ ブリュット[2015]フェルゲッティーナ 泡・ロゼ 750ml Azienda Agricola Ferghettina [Franciacorta Rose Brut] イタリア ロンバルディア スパークリングワインワイン

  • 売り切れ
  • ラッピング・のし対応
¥4,862
/
税込

Information
フランボワーズ、桜の葉などの心落ち着く香り、トースト香が好印象。ふくよかな味わいで、持続的に酸と旨味が口にある。特にイチゴのニュアンスが口の中いっぱいに広がる。醗酵:ステンレス・タンク 瓶内2次醗酵   熟成:デゴルジュマンまでの瓶内熟成 36カ月
生産地 イタリア ロンバルディア州
商品名 フランチャコルタ ロゼ ブリュット
作り手 フェルゲッティーナ
格付・認証 Sparkling フランチャコルタ D.O.C.G.
生産年 2015年
スパークリング・ロゼ
内容量 750ml
本数 1本
味わい 辛口
ブドウ品種 ピノ・ネロ 100%
ガイドブック --
飲み頃
飲み頃温度 4℃~8℃
推奨保存環境 温度=10℃~16℃、湿度=70%~75%
備考 においが強いものと一緒にせず、振動は避けるように保管して下さい。

フェルゲッティーナ Ferghettina

フランチャコルタを知り尽くした“職人”が自社ブドウのみを使用し匠の技で造り出す、フランチャコルタの最高峰!

フランチャコルタのベテラン職人が自身で立ち上げたワイナリー。

1991年創立と比較的新しいワイナリー。
「ベッラヴィスタ」で18年間、長きに渡り栽培・醸造責任者を務め、その名声を確立した立役者といわれるロベルト・ガッティ氏の情熱の下、わずか5haの畑からスタートしました。
氏の哲学である「エレガンスとフィネス」が最大限に表現された素晴らしい味わいは、創立後間もない時期より評判となり、1997年の「サテン」がガンベロ・ロッソでいきなり最高評価3グラスを獲得(1999年でも再度獲得)。
さらに、「3グラスのフランチャコルタの中で一番素晴らしい」「ベスト・バイ・フランチャコルタ」と評価されるなど、注目を浴びるまでになりました。

自社ブドウ元詰フランチャコルタ(小規模・家族経営ワイナリー)

カ・デル・ボスコ、ベッラビスタなどが他業種からビジネスとしてワイナリーを興し、名声を得たのに対し、地元の人間が興した蔵といえます。全て自分の手の届く範囲でつくりあげます。
わずか5haの畑からスタートしたフェルゲッティーナは、瞬く間に成長を遂げました。
フェルゲッティーナは、販売プロモーションやマーケティングはお世辞にも得意とはいえないが、それだけに、“知る人ぞ知る、素晴らしいものをやっと探し当てることができた”という喜びを味あわせてくれる存在感をもちます。大きな会社のような大量生産ではなく、家族で力を合わせて丁寧に造った温かみのあるワインは、世間の人々の心を捉え、大きな宣伝を行ったわけでもないのに、口コミで評判のワインとなりました。
現在はミラノの醸造大学を卒業した娘のラウラさんが醸造だけでなく経営面でのサポートや、ロベルト・ガッティ氏の苦手なプロモーション活動を助けています。

驚くほどの上品さ。澄み切ったフランチャコルタ

フェルゲッティーナのフランチャコルタには明確なスタイルがあります。
それは
・純粋さ
・熟成美
・繊細さ、上品さ
彼らが理想とするスタイルを実現するため、いくつもの信念を彼らは掲げ、実践しています。

1.通常のフランチャコルタ生産者はフランチャコルタを造る際、「白ワインとして完成されたもの」を選択しますが、フェルゲッティーナでは瓶内二次醗酵をする前にタンクを選別する際、酸度が高いものを選ぶ。長期熟成を経て、結果フェルゲッティーナの素晴らしい品質のフランチャコルタになるため。
2.通常のブリュットにしろ、門出のリキュールにしろ、ヴィンテージをまたいで醸造することは絶対行いません。
3.良いヴィンテージならどの生産者でもそれなりの品質のワインを造るが、悪いとされるヴィンテージでも本当においしいワインを造る。
4.とにかく自分達が納得できる上品、かつ繊細なワインを造る

また、コストパフォーマンスに優れていることも彼らのワインを特徴付けています。 「他のフランチャコルタではヴィンテージものは高いのに、何故フェルゲッティーナはこんなにもリーズナブルなのか?」という質問に対して彼らは、「私達が造る全てのフランチャコルタには区別がなく、どれも本当に良いものを目指して造っています。ブリュットもエクストラ・ブリュットも、キュヴェは違えども、収穫されるブドウのコストやボトルをはじめとした資材の価格、その他諸経費はどのワインも同じです。違うのは熟成にかかる保管コストだけなんです。」
こんなところにも正直さを隠さない。フェルゲッティーナのワインは、純粋な心を持った家族愛が詰まったフランチャコルタなのです。

複雑なテロワールが現れた、高品質なブドウ

良いワインは畑からといいます。フェルゲッティーナの高品質なフランチャコルタの基礎は、畑での仕事にあるといえます。ワイナリー設立当初は5haだった畑も、現在は110haまでになったが、今でも畑の植樹から栽培の管理まで全てフェルゲッティーナで行っています。
しかし、一言で自社栽培を行っているといっても、その管理はとても大変なもので、畑は8つの村にまたがり約80ヶ所も存在し、栽培管理はもちろんのこと、収穫まで全て個々に行う必要があります。
「ではこの多種多様な畑を所有する利点は何か?」
それは、畑によりブドウの質が異なるので、良いブドウだけを選べること、そしてヴィンテージの良し悪しに左右されにくいことといいます。収穫までの全ての苦労はワインため。フェルゲッティーナのワインが素晴らしい理由の1つがここにあります。